忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/27 09:27 】 |
地面の追加でもしてみる
「今回の題材maru3」
maru3.swf

|画面上をクリックすると回転が加速します
|えぇ…仕様は昨日と大して変わりません
|しいて言えば、地面が追加になっております(笑)

-----------------注意:分かり辛く、調味料関係に例えてあります-------------

というわけでスクリプト↓前に説明した場所は排除!

var ri:Number = 360;
var end_ri:Number=0;

//現在の地面の位置となる変数を追加
var now_r:Number=0;

//地面の移動値を入れる変数を追加
var jimen_x:Number = 0;

this.onEnterFrame = function() {
ri += (end_ri-ri)/50;
maru._rotation = -ri;

//riと同じように最後の位置との差をとり今回は45で割ります
now_r=(end_ri-ri)/45;

//1マスが25ドット、2つで一週回るので50で計算していきます
//「%」は割り算の余りを算出します(105÷50で余りの“5”の部分)

jimen_x += now_r%50;


//if(条件){条件が成立すれば内容を実行}

//例えば、if ( 調味料が多い ) { ここで分析する }という風に

//もし、-50ピクセル(ドット)の位置よりも超えて移動しようとしたら)
//50を足して元の位置に戻し、移動しようとした数値を足すとなっております

if(jimen_x<-50){jimen_x = 50+now_r%50;}

};
//クリック時の動作のイベント(処理)です
//今回はちゃんと指定をした方法を書きます
//調味料をかけると言う動作があっても、かけられる物がないと話になりませんよね
//なので、調味料がかかったかどうかを教えてくれるような、オブジェクトを作ります

var md_lis:Object=new Object();

//md_lisの上にかけますよ~みたいな感じで、クリックの指定をしておきます
//「調味料をかけたら、おいしくなる」のように
//「クリックされたら最後の値を変化」させます

md_lis.onMouseDown = function() {
end_ri += -80;
};

//実は自分も良く分からないのですが
//クリックしたか(調味料がちゃんとかかったか)をmd_lisに確認させるみたい?

Mouse.addListener(md_lis);


それではいつものように感想、愚痴
質問や指摘がありましたらコメントをお願いします
PR
【2006/05/07 20:39 】 | FLASH | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<調味料解析、使い方等解説 | ホーム | 昨日の応用>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]